出来るだけ継続してできる簡単なお手入れ方法などです。
お取扱い 陶器
お取扱い 磁器
お取扱い 木工
お取扱い 土鍋
お取扱い 鉄瓶
      


      

お取扱い 陶器

陶土と呼ばれる粘土と炎で作られる陶器。それぞれに特徴があって、とても味わい深いうつわなのですが、 最低限知っておきたい取扱いのポイントをご紹介します。


貫入

・貫入(かんにゅう)―――

陶器のうわぐすりに入る細かいヒビのことを貫入と言います。
うつわのヒビではないのですが、このヒビに飲み物の色などが入り込むことがあります。 うつわの使用前に、お米の研ぎ汁、おも湯、かたくり粉をといた水で器を弱火で30分ほど煮ていただくと、 色付き防止や、貫入からの水止め効果もあります。

貫入

貫入に入ったお茶の色を見ていくことも、味わいの一つですし、苦手という方は水止めをしたりなど、 自分に合ったお手入れをして、うつわの変化もたのしんでいただきたいです。


貫入も器によって、大きいもの細かいものといろいろです。
貫入が時間とともに進んでくることもあります。

貫入

・水止め―――

水止めをしていないうつわも陶器の中にはあります。
飲み物を入れたとき浸みてくることもありますが、上記の方法で止めたり、長く使っていると、 自然と止まることもあります。
昔から、特に水止めも、色付きもせず変化を楽しむ考え方もあります。 長く使ってうつわを見てあげてください。

土見せ

・土見せ―――
写真のように裏が、ざらざらした土の感触を残してあるものがあります。
味わいがあって、かわいいですね。ですが、このざらざら面、良く乾かして保管してください。 カビが出て、黒ずんだりすることがあります。
また、ザラツキのために、テーブルを傷つけてしまうことがあるかもしれませんので、 ランチョンマットをひいたりして、対策してください。






お取扱い 磁器

 陶器よりも高温で焼成されていて、強度もあり、貫入も出ません。表面が硝子のようにツルっとしています。
シミなどもつきにくいので、器の中で最も扱いやすいです。
ですが、大切な磁器は手洗いがおすすめです。手洗いの時も、上絵付された磁器は色が剥げないようにやさしく洗うのが良いでしょう。

お取扱い 木工

木工

木工は取扱いが繊細です。すべてやさしくやさしくお使いください。
・手洗い・水またはぬるま湯洗いをおすすめします。
・洗剤・固めのスポンジやタワシ・熱湯の使用は避けてください。
・食洗機・レンジの使用は避けてください。
・直射日光は避けて保管してください。

油汚れ・シミなどは無理に落そうとせず、やさしくお使いください。
時間とともに、木の色に馴染み、とても味わい深いものになります。
表面の傷み、乾燥などは木工用オイルをお使いください。

お取扱い 土鍋

土鍋はご使用前におかゆを炊いていただくと、釉薬の細かな隙間が埋まって割れにくくなります。
てんぷらや多量の油を使う料理には使用しないでください。
さいえが取扱いさせていただいている土鍋は空焚きもできるほど、耐熱性に優れた手作りの土鍋です。 それでも、強い衝撃や急激な温度変化などには弱いので、ご注意ください。
使い慣れると見た目も味もおいしい、大活躍の土鍋となってくれます。

お取扱い 鉄瓶

nambu-toriatukai

鉄瓶でお湯を沸かすと、お湯に鉄分が含まれて、飲み物もおいしくなり、鉄分補給もできます。 ですが、取扱いが難しいと思われる方も多いと思いますので、簡単にご紹介いたします。

・まず、ご使用前に緑茶を入れて、一度お湯を沸かします。---錆止め
・洗うときはスポンジで優しく。キズが付かないようにしてください。
・使った後は、水を入れっぱなしにせず、軽く火を入れて、水気を飛ばしてください。---錆び防止
・時々、緑茶の出がらしなどをお茶パックに入れて、表面を軽く拭くと、錆び予防になります。 緑茶のタンニンという成分が、錆を予防してくれます。
・小さな薄茶色の錆が出たときも、お茶がらや、柔らかいふきんでやさしく拭き取ってください。
・面積の大きい大きな錆が出たときは、金たわしなどで、錆を大まかに落とした後、お茶がらとふきんで やさしく拭き取ってください。
・ふだんからの錆予防が大切ですが、長期間保管するときは、紙などに包み、 湿気の少ない場所で保管してください。



急須は中にサビ止めでホーローコーティングされています。
      鉄分はでません。
鉄瓶と違い、空焚きは不可です。
陶器などの急須と同じように、お使いくださいませ。

おまけ

取り扱いは自分に合ったやり方や試してみてよかったものなどを取り入れていっていいと思います。 慣れると、文章で読むと大変そうなことでも自分のリズムに合っている、と感じることもあるかもしれません。

inserted by FC2 system